京都のインプラントが第二の永久歯と言われる理由って

京都のインプラントは、人工歯の中で最も自然の歯に近い人工歯で、第二の永久歯とも言われています。何故京都のインプラントがそのように言われているか分かりますか?それは、京都のインプラントの素材と治療法にあります。今までの人工歯と言えば、金具や他の健康な歯を利用して固定してるだけだったので、自然の歯のように歯茎の中に固定されていたわけではありません。ですが、京都のインプラントは人工歯根・連結部分・人工歯の3つの部品のうち、人工歯根を顎に埋め込んでしまいます。しかも、人工歯根に使用されているチタンが骨と結合し、自然の歯と同じ様に固定されます。これが自然の歯に最も近い理由です。しかも、半永久的に保つ事が出来るのです。人工歯の見た目も自然の歯とそっくりに出来る事もその理由の一つですね。


リボンペットをお探しなら★

会社設立 福岡市

カイロ 学校

賃事務所 大阪